【24】眠りの質は、身体の質へ。 ~白毛編~

白髪、できたことありますか?

今回は、「睡眠の質」と、「白髪」についてお話します。

前回は「薄毛」についてお話しました。こちら→

 

私は経営者の友人が多く、特に若手の経営者は色々忙しそう!!

ある経営者の友人の髪をよく見ると、ところどころ白髪が!!

毎日2時間とか3時間の睡眠で過ごしていたそうです。

なるほど。

だから白髪が生えているんだな。

白髪って、何故できるの?

本来、黒い髪が生えるはずが、白い髪が生えてくる。

この「黒い髪」というのは、

「メラニン」という色素によって黒く染まっています。

ちなみに、お肌のホクロは、「メラニン」です。

 

 

メラニンが十分髪に行き渡らないまま生えてしまった髪が、「白髪」になります。

なぜメラニンは十分髪に行き渡らなかったの?

①メラニンを作る材料が足りなかった。

②メラニンを作る「メラノサイト」という細胞が少なかった。

 

①について

メラニンを作る材料は、「チロシン」という、アミノ酸です。(アミノ酸についてはこちら

②について

「メラノサイト」を構成する材料は、

ビタミンB12、葉酸、銅(=ミネラル)です。

①も②も、

栄養素が関係しています。

栄養素が絡んでいるということは、

「栄養がちゃんと摂れているか?」

「栄養素を運ぶ手段は整っているか?」

この2点が重要になります。

睡眠の質や量が下がると、頭皮にある毛細血管が細くなってしまい、血流が悪くなります。

すると、頭皮に栄養が行き渡らず、メラニンが少なくなります。

その結果、白髪になってしまう。

頭皮の血管を広げる手段は様々ですが、

睡眠の質を上げると、頭皮の血管が広がります。

睡眠の質を上げるのは非常に効率が良い!

だって、一緒に「健康」も手に入れられるのだから!

余談ですが、

「シミは嫌なやつだ!」と思ったことありますか?

実は、シミというのは、”防衛装置”なんですよ!

紫外線の刺激が直接肌に受けすぎないようにするため、防衛装置としての役割を担っています。

紫外線を受けすぎると、

●DNAが破壊される。

●癌細胞を作ってしまう。

という弊害が起こります。

そもそもシミを作りたくないなら、紫外線対策を!

ここまでの内容で、感想や意見等ございましたら、こちらから教えていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です