【23】眠りの質は、身体の質へ。 ~薄毛編~

「薄毛」に危機感ありますか?

 

実は、「睡眠の質」「薄毛」

関係あるんです。

睡眠の質が悪いと、ハゲやすくなるの?

→はい。ハゲやすくなります。

薄毛の原因に、「遺伝」がありますが、今回は割愛します。

 

 

 

最近、こんな方に会いました。

男性、30代男性。

薄毛で悩んでいるそうです。

その男性には一度しかお会いしていませんが、

もし、人工的に、「育毛」や「発毛」に時間とお金を投資していれば、提案したいです。

まずは、生活習慣を変えてからにしませんか?

最近は育毛や発毛技術が発展しているので、実際に健康上どうなのかは詳しくわかりませんが・・・。

生活習慣だけで治ったら、

健康的にも、

時間的にも、

経済的にも、

労力的にも、

効率良いですよね♪

薄毛対策は、具体的に何をすればいいのでしょうか??

→→睡眠の質を、上げましょう。

これは、

「成長ホルモン」が関係しています。

 

成長ホルモンとは?

仕事や家事、人間関係・・・・。

ストレスや疲れ、溜まりますよね。

この時、体の中にある多くの細胞が傷つきます。

それら傷ついた細胞を修復しないと、「老化」につながりますし、「がん細胞」に変わってしまう恐れれが!!

成長ホルモンは、「傷ついた細胞」を修復するように、食事から得た栄養を傷ついた組織に運び、修復するように促すためのホルモンです!

成長ホルモンは、あ

●入眠後30分~3時間

●深い睡眠ができている時

に、最も分泌されやすいと言われています。

 

成長ホルモンの働きにより、頭皮の血管を介して栄養分が運ばれ、髪質が保たれます。

その血管が、睡眠の質が下がると細くなってしまう!!

 

話をまとめると、

睡眠の質が下がると、

☑成長ホルモンの分泌が少なくなる。

→髪に栄養を十分送るための血流が保てない。

よって、髪が細くなってしまい、

「薄毛」

「ハゲ」

となってしまう。

ということなので、睡眠の質をあげましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です