【46】 EPAって、なんだ!!

みなさん、

魚をちゃんと食べてますか??

 

前回は、「DHA」についてお話しました。

脳みその栄養に欠かせない栄養素であり、特に乳幼児期には脳が急激に発達するため、特に特に必要な栄養素です!!

 

さて、

DHAについて学んだと思いますが、

魚の油はDHA単独で含まれているわけではありません。

魚の油は、DHAと、今回お話しする「EPA」が含まれています。

 

このEPAも、すんっごい栄養素です。

 

EPAとは、

経済連携協定(EPA)

ここではそっちじゃない!!!

エイコサペンタエン酸です。

DHAと同じく、主に青魚の油に多く含まれています。

 

話が飛びますが、重要な話。

 

イヌイットをご存知ですか?

彼らは、ほとんど野菜を食べていません。

にもかかわらず、

牛や豚、羊など肉食中心のヨーロッパ人より、心筋梗塞で亡くなる方が非常に少なかった!!

なぜ?

調査した結果、イヌイットの血液中に含まれるEPAが、
ヨーロッパ人に比べきわめて多いことが明らかになりました。

彼らが主食としている食材は、

青魚に由来するものでした!!

 

話を戻します。

要するに、EPAを摂ると、

血管がサラサラになり、血管の負担や傷が少なくなります。

血管の負担が減ると、

心筋梗塞

脳卒中

の発症リスクが減ります。

 

もし、あなたにとって大切な人が、
朝突然亡くなっていたら?
急性心筋梗塞では、十分あり得ます。

もし、あなたにとって大切な人が、
歩けなくなり、身の回りのお世話も自分でできなくなってしまったら?
脳卒中では、左ないし右半身麻痺という症状が起こります。

 

そうならないためには、今から、予防することですね。

前回お話したDHA(こちら

そして今回お話したEPA

しっかり摂るべきですね。

魚が嫌いな方は、サプリメントを活用したら良いじゃないですか!

サプリは薬?

そんな方は、サプリメントの選び方を個別で教えますので、メッセージください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です