【47】ハッピーホルモンってなに!? 

先日より、お客様が思考停止しそうなキーワードということで、お話してきました。

今回それに付随する内容なのですが、

「お客様が思考停止するキーワード」というよりも、

僕自身が思考停止してしまったキーワードが最近見つかりました。

 

たまたま耳にしたんですが、

「ハッピーホルモン」って、なに?

 

人一倍綺麗なわけでもないのに、

他の人よりなんか幸せそうで、

なんかハッピーなオーラを振りまいてる人、見たことありませんか?

こんな人↓

 

 

そのハッピーなオーラは、あるホルモンが関わっていた!

 

セロトニン です。

セロトニンは脳内物質の一種です。

「脳内物質」と言われているのに、、、
ほとんど腸の中でつくられています。

なので後々お話しますが、腸の健康はセロトニンを増やし、「ハッピー」になれるとか!

 

セロトニンが多いと?

  •  ストレスに強くなる
    極端な感情の乱れがなくなり、平常心を保つことができると言われている。
    この為、ストレスによる緊張状態が落ち着くのです。

 

  •  原因不明の悩みを改善
    漠然とした心配事や悩み。これを「不定愁訴」と言いますが、不定愁訴を和らげるのは、このセロトニンです。不定愁訴に伴う頭痛も改善されると言われています。

 

  •  眠りの質が上がる
    セロトニンは、「メラトニン」の材料になります。メラトニンは、「リラックスホルモン」とも言われ、睡眠の質を高める効果があります。過去の記事【2】にもっと詳しく書いてありますので、ご参照まで♪

 

  •  幸せであることを心から実感
    この表現はちょっと漠然としていますが、幸福感や満足感を感じやすくする効果をもたらします。
    「カフェ行ったら、たまたまキャンペーンでお菓子もらっちゃった♪」と幸せそうに話す方いらっしゃいますよね?

 

こんな感じで、ハッピーホルモンという名のセロトニンは、私たちの生活を、より良くしてくれる強者ということです。

では、

どうしたらセロトニンが増えるの??

 

という内容を、次回お話します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です